秋真っ盛り!!美食探訪レポート/耳寄り情報第五弾

こんにちは!アートシステムの秋吉ですはなアイコン

今回は秋吉のだるーい花顔(;^ω^) 枕話(落語に含まれる「つかみ」の挨拶のこと)は今回はなしにして
早速Nさんに とっておきのお話を た~~っぷりと語って頂きましょう!

金木犀

皆さまいかがお過ごしでしょうか?アートシステムの Nです。

残暑厳しいですが、ふと金木犀の香りが漂いはじめ
秋を感じる瞬間もあり、少しは秋の気配を感じることが出来ます。

緊急事態宣言も解除になりましたが、再び返り咲かない様に、緊張感を持って生活しなければと思っている次第です。
この2年間、思えば選択の連続でした。
それは、本当に自分にとって必要か否か、買い物ひとつとっても考え込む次第で、
そんな中で最後はやはり、家族が健康でいてくれる事こそが、何よりですね。

小さい子どもさんがいるご家庭は、ご自宅で過ごす難しさを痛感していたのではなかろうかと思いますが、
そんな中にあって家族で心穏やかに過ごせるアイテムと言えば、「絵本」ですよね。
読み聞かせボランティアの代表者の方が、いつも言われていたのは、
お母さんの生の肉声を聞いて育った子どもさんは、
いつまでも心に深く人の声が残り、人の声を聞く子供に成長するそうです。

ではここで私からのおすすめの、《大人に読んでもらいたい絵本》をご紹介…
(絵本選びのコツは、何十年と読み継がれるロングセラーから選ぶ方が間違いないそうです)

 

絵本・ちいさいおうち

「ちいさいおうち」

「ちいさいおうち」
作・絵:バージニアリーバートン
訳:石井桃子
出版社:岩波書店

静かな田舎のちいさいおうちの周りが
どんどん賑やかになり、自然が消えて
変わって行く郷愁や心の豊かさを感じる一冊です。

絵本・おおきな木

「おおきな木」

「おおきな木」
作・絵:シェルシルヴァスタイン
訳:村上春樹
出版社:あすなろ書房

木と子どもは仲良し、子どもはどんどん大きくなり、
だけど木はいつも惜しみない愛を与え続ける木、
何度でも読み返したい一冊です。

「16区」のマロンパイ

「16区」のマロンパイ

さて最初の オススメ秋スイーツ
秋になると無性に食べたくなる「16区」のマロンパイ国産の渋皮煮の栗を、贅沢に丸ごと一個パイ生地で包んで焼き上げた一品です。
16区
福岡市中央区薬院4丁目20-10
TEL0925313011
営業10:00~17:00
定休日 毎週月曜※祝日の場合は翌日休み

「キルフェボン」オータムフルーツのタルト

オータムフルーツのタルト

タルト、ケーキの有名店「キルフェボン」今の時期は、
キャラメル風味のカスタードに
季節の秋のフルーツをふんだんにのった、
オータムフルーツのタルトがオススメです。

キルフェボン
福岡市中央区天神2丁目4-11
TEL0927383370
営業11:00~19:00

「おいもさんもち食感ロール」

最後は コンビニスイーツ
ローソン「おいもさんもち食感ロール」

さつまいもダイス入りもちもち生地に、
スイートポテト味のクリームに、
なると金時芋を使用した餡を包んだ、
和洋折衷の間違いない美味しさです

そうそう、先週テレビの音楽番組で、バックナンバーのライブが流れてまして、
こんな時期だからこそ、やはり心に染みる曲は良いな~と痛感しました。

日常のほんの些細なことから エールをもらっているんだと
そう、これもその一つNさん

雪見大福 画像

心温まるメッセージ


前日雪見大福を食べていたら、ふとフタに心温まるメッセージが記載されていました

音符1

Nさん 素敵なレポート ありがとうございました。

ではでは、また次回にはなアイコン